ゴルフのルール:ロストボール

###Site Name###

ゴルフでは、自分が打ったボールがどこに行ったか分からなくなってしまうことがよくあります。

このとき、5分以内にボールが見つからない場合はロストボール(紛失球)となり、ペナルティが課されます。
ロストボールにおけるペナルティはO.Bの時と同様で、1打罰を課した上で最後にプレーした場所からできるだけ近い場所からの打ち直しになります。



※ゴルフ場などによっては、失くしたあたりから2打罰で打つというローカルルールがある場合があります。

ここで「ボールが見つかる」というのは、ボールが見つかった上で、そのボールが自分のものだとはっきり確認できることを言います。

例えば、自分のものらしいボールが木の上に引っかかっているのが見えても、それが自分のものかどうか確認できなければロストボールです。



ただし、ボールが見つからなくても、障害物やウォーターハザード、カジュアル・ウォーターや修理地などにあるか、プレーと無関係な誰かに持ち去られたことが分かっている場合は、それぞれに適用するルールに基づく処置をとることができます。
また、「5分以内」というのはボールを探し始めてからの時間です。



探す人は、プレーヤー自身の他そのキャディなど、探すプレーヤーサイドの人間です。



どうしても見つかりそうにない場合は、5分以内でも捜索を打ち切ってロストボールの処理をする事も出来ます。なお、ロストボールになる可能性が高いショットを打った場合、探し始める前であれば、O.Bになる可能性が高いショットを打った場合と同様に暫定球を打つことができます。

その後ボールを探し始め、5分以内に見つからない場合は1打罰を課した上で暫定球をプレーします。

ゴルフでは、プレーを不当に遅延させることをスロープレーと言い、他のプレーヤーの迷惑になる場合もあります。



スロープレー防止の意味も込めて、ロストボールになりそうな時は暫定球を打つ癖をつけておきましょう。